浸漬固定法

電子顕微鏡を学ぼう -原理など-トップ > 試料のあれこれ浸漬固定法

浸漬固定法

浸漬固定法は一般的に用いられている固定法で、動物の組織切片を固定液に投入させて浸漬・固定させる方法です。
試料は二枚のカミソリの刃先にはさみ、2枚の刃をそれぞれ逆方向に引いて1mm3程度の大きさに切ります。この大きさに切った試料を固定液に浸漬させます。固定液はあらかじめシャーレ入れておいたり、またはプラスチック板の上で水滴を作っておきましょう。


電子顕微鏡の構造

電子顕微鏡の構造は主に以下の様なものから構成されています。
電子銃、陽極室仕切弁、集束レンズ・コイル、ゴニオメーター、試料ホルダ、対物レンズ・コイル、制限視野絞り装置、双眼顕微鏡、観察窓、観察室、カメラ室、加速管、収束視にレンズ・コイル(CMレンズ)、対物絞り装置、対物視にレンズ(OMレンズ)コイル、中間レンズ・コイル、投影レンズ・コイル、観察室仕切り弁など。


電子顕微鏡装置の中は高真空で保たれていて、試料を入れた後電子ビームを電子銃から照射して観察を行います。



電子顕微鏡の歴史

電子顕微鏡はエルリンスト・ルスカというベルリン工科大学の卒業論文から始まったといわれています。そして最初の電子顕微鏡の完成が1931年であり、その電子顕微鏡の倍率は17倍でした。
その後1933年に倍率が1万2千倍という電子顕微鏡が開発されました。


「浸漬固定法」は"試料のあれこれ"のカテゴリに属しています。この"試料のあれこれ"のカテゴリには「浸漬固定法」の他に以下の記事がありますので、是非ご参考下さい

カテゴリ

当サイトについて

Copyright(c) 電子顕微鏡を学ぼう -原理など- All rights reserved .