原理について

電子顕微鏡を学ぼう -原理など-トップ > 原理について

原理について 記事一覧です。

  • 始動時に行われること
    電子顕微鏡を始動してからの数十分は鏡筒の内部から空気を追い出す作業が行われ、数十...
  • 電子の平均自由行路
    電子は気体分子の衝突を受けてしまいます。そのため電子顕微鏡では、電子を走らせる空...
  • 電圧効果・ピエゾ効果
    電圧効果・ピエゾ効果とは、ある特定の方向から結晶に向けて力を加えることで、電気分...
  • 圧電素子
    圧電素子とは、ある特定の方向から結晶に向けて力を加えることで、電気分極が誘起され...
  • オージェ電子
    入射電子によって原子の内殻電子を励起させ、それによって生じる遷移エネルギーが他の...
  • 走査型電子顕微鏡(SEM)
    走査型電子顕微鏡はSEM(Scanning Electron Microscop...
  • 超高圧電子顕微鏡
    超高圧電子顕微鏡では、加速電圧を高めることで厚い試料を観察することが可能な電子顕...
  • 光学電子顕微鏡との違い・比較
    光学顕微鏡では光とレンズを使って観察する顕微鏡であり、光の波長が数百nm程度であ...
  • 球面収差
    球面集差は電子レンズの周辺部分を透過する電子線が強く曲げられるために、焦点がより...
  • 開口数
    開口数とは光学系の分解能をあらわす量のことであり、光軸上の物点からレンズに向かっ...
  • 電子顕微鏡からわかること
    電子顕微鏡からわかることは非常に様々で、以下のような項目があります。 1.試料の...

カテゴリ

当サイトについて

Copyright(c) 電子顕微鏡を学ぼう -原理など- All rights reserved .